(メモ) Android SDKを導入してADBを使う


開発者ツールADBを使うまでのメモ

ADB(Android Debug Bridge)を使えるようにするとPCからAndroidの内部にアクセスできるようになります。そもそもは開発者向けツールでAndroidやアプリのデバッグに使われます。


Windows環境でADBを使ってAndroidをデバッグするまでのメモ

Android SDKのインストール手順


JAVA JDKをインストールしておく必要あり

Android SDK公式サイト https://developer.android.com/studio/index.html

Android SDK設定
  1.  リンク内の[ダウンロードオプション]-[コマンドライン ツールのみ入手する]からtools_rXXXX-windows.zipをダウンロード
  2.  ダウンロードした圧縮ファイル解凍し、フォルダに入れます(例えばCドライブ直下C:\android-sdk-windows\tools)
  3.  toolsフォルダ内のAndroid.batを実行
  4.  ウィンドウが開くので、まずチェックを全て外す
  5. 次に[Tools]-[Android SDK Tools]と[Android SDK Platform-tools]、[Extras]にチェックする
  6. 「Install XX packages」ボタンを押してダウンロード完了を待って終了する
(ウィンドウが開かない場合はJAVAがうまくインストールされていない可能性があります)

Windows設定
  1. システムのプロパティを表示
  2. 左サイドメニューの「システムの詳細設定」を選択、環境変数ボタンをクリック
  3. 「システム環境変数」の中から、「Path」という項目を選択して、「編集」
  4. ;C:\android-sdk-windows\tools;C:\android-sdk-windows\platform-tools;」を後ろに追記する
以上でAndroid SDKのインストール完了です。



AndroidをデバッグモードでPCに接続する


スマートホン側設定
  1. Androidの設定「端末情報」-「ビルド番号」を「デベロッパーになりました!」となるまで連打
  2. Androidの設定「開発者向けオプション」-「USBデバッグ」を有効にする
  3. USBケーブルでPCに接続する
Windows側設定(ADBドライバーインストール)
  1. システムのプロパティを表示
  2. 左サイドメニューの「デバイスマネージャー」を選択する
  3. 「ほかのデバイス」-「ADB Interface」を右クリックし、「ドライバーソフトウェアの更新」を選択
  4. 「コンピューターを参照~」→「コンピューター上の~選択します」→「すべてのデバイスを表示」→「ディスク使用」をクリック
  5. 「参照」ボタンで「C:\android-sdk-windows\extras\google\usb_driver」を選択しOKをクリック
  6. 「次へ」ボタンを押すと警告が出るが構わず「はい」を選択
  7. インストールが成功しましたと出たら準備完了


ADBを使ってみる

環境が整ったらPCにAndroidを接続しPCから操作してみる
操作はコマンドプロンプトで行います。
  1. キーボードの「Windowsキー+Rキー」同時押しで「ファイル名を指定して実行」が表示される
  2. 「名前」に「cmd」と入力してエンター
  3. コマンドプロンプトが起動する
  4. adb shell」を実行
    となったら成功です。Android内部にアクセスしている状態
「error: unauthorized...」となった場合はスマートホン画面上に「USBデバッグを許可」確認画面が出ているのでOKを押します。



0 件のコメント :